サマーウォーズ

突然2時間くらい暇になったので、映画見てきた。


最近の映画の事がよくわからないので、適当に「時をかける少女」の細田監督作品と書いてあった「サマーウォーズ」を選んでみたのだが、10回くらい泣いてしまった。こんなに泣いた映画は久しぶりかもしれない。


正確には覚えて無いけど、電車の中での夏樹先輩とのやり取りでやられました。

健二「先輩の誕生日っていつですか?」
夏樹「7月19日。平成四年の・・・」
健二「日曜日ですね。」
夏樹「すごーい。曜日を全部暗記してるの?」
健二「いえ・・・暗記はしてませんが、Zellerの公式で解けます。mod使って・・・するんです。合ってますか?」
夏樹「私の誕生日が日曜かどうかは覚えてないけど、なんだか凄いね・・・」

いやぁ、このやり取りはたまんないっす。


そして、見事な世界設定が物語を引き立てる。ネット上の仮想世界OZ。クラウド電子政府、同時翻訳SNS、3Dアバター人工無能、ネットゲーム、PvP・・・現在の技術でもちょっと頑張っちゃえば実装出来ちゃうよねって位リアルに練りこまれてる。


ストーリーは王道中の王道をただひたすら追い続けてるだけなのに、見事な王道の組合せで感動の渦に巻き込まれる。「何度涙させれば気が済むんだ!!」ってくらい泣かせて頂きました。


仮想世界でしか出来ない事もあり、現実世界でしか出来ない事もある。人と人との繋がり、家族との繋がり、仮想世界と現実世界の人との繋がり。セキュリティ。いろんな意味で考えさせられる良い作品に仕上がってます。



映画の予告。

公式。

映画「サマーウォーズ」公式サイト

ちとネタバレ。

サマーウォーズ:曜日の求め方とか2056桁の暗号とかの解説 - A Successful Failure

公開は随分前だったのね・・・ロングランしてて良かったぁ〜


暇な2時間が、素晴らしい2時間となった。仮想世界OZはもうすぐそこなのかも知れない。